おすすめ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

  • トップページ
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】
おすすめ情報

不動産には土地、建物共に、売買されるものと賃貸されるものとがあります。賃貸とは読んで字のごとく、賃料を取って貸し付けることですが、その賃料の支払い周期は月単位であることが通例で、それが建物である場合には家賃と呼ばれ、土地である場合には地代と呼ばれています。同様に、不動産を賃貸する主のことは、建物の主である場合には家主と呼び、土地の主である場合には地主と呼んでいますが、家主である場合には大家という呼び方も一般的にされています。

一般的な率からいえば、賃貸が行われるのは土地よりも建物である場合が圧倒的に多いと言えます。特に住居建物である場合には、家を自己所有している人よりも借りて住んでいる人の方がずっと多いでしょうから、一戸建てと集合住宅を合わせてみた場合には、賃貸住宅に住んでいる人の方が自己所有の家に住んでいる人よりもずっと多いと言えるでしょう。

以前には一戸建ての借家というものもかなりありましたが、最近ではこの借家の数は大幅に減ってきているようで、特に都市部では居住者数を増やすことのできるマンションなどの集合住宅に転化されている、という傾向になってきているようです。同じ土地面積ならば入居者を増やすことができ、そのために賃料も増やすことができるので、一戸建ての借家だったものが集合住宅化されている、ということなのではないでしょうか。